会則

REGULATION  OF  SOCIETY

第一章 名称及び事務所

第1条 本会は鹿児島救急医学会と称する。
第2条 本会は事務所を鹿児島県医師会館内に置く。


第二章 目的及び事業

第3条 本会は救急医学の進歩発達を図り、救急医療の普及発展に貢献する事を目的として次の事業を行う。

  1. 学術集会の開催
  2. 機関誌、研究資料等の発行
  3. 日本救急医学会との連携
  4. その他本会の目的達成に必要な事項


第三章 会員

第4条 本会の趣旨に賛同し、所定の会費を納めた者を会員とする。なお、会員の種別は  正会員・協力会員・賛助会員の三種とする

  1. 正会員 医師
  2. 協力会員 救急医療関係者
  3. 賛助会員 本会の目的に賛同し所定の特別の会費を納める団体または個人


第四章 役員その他

第5条 本会に次の役員及び評議員をおく。なお、顧問をおくことができる。

  1. 役員  会長    1名
        副会長   2名
        理事  若干名
        監事    2名 
  2. 評議員     若干名
第6条 役員は評議員会において選出し、総会において報告するものとする。
第7条 評議員は理事会において推薦し、総会において報告するものとする。
第8条 顧問は理事会の推薦により会長が委嘱する。
第9条 役員・評議員及び顧問の任期は2年とし、再任を妨げない。
第10条 会長は本会を代表し会務を総理する。
 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代理する。
 3.理事は会務を分担処理する。
 4.監事は会務会計を監査する。
 5.評議員は会務及び会計を審議する。
 6.顧問は会長の諮問に答え、会務に関して意見を述べることができる。


第五章 会合

第11条 本会の会合を理事会・評議員会・総会及び学術集会の4種とする。
第12条 理事会・評議員会・総会及び学術集会は必要に応じて開催する。
第13条 評議員会は毎年1回以上開催し、会務及び会計並びに、会則改正について審議し、その結果を総会に報告する。
第14条 学術集会は毎年1回以上開催するものとする。  


第六章 看護部会

第15条 本会に看護部会をおく。
第16条 看護部会は、協力会員たる看護師並びにその他の医療関係者をもって組織する。
第17条 看護部会は、本会会長のもとに毎年1回以上学術集会を開催するものとする。


第七章 救急隊員部会

第18条 本会に救急隊員部会をおく。
第19条 救急隊員部会は、各消防本部並びに救急隊業務に対する関心の深い者をもって 組織する。
第20条 救急隊員部会は、本会会長のもとに毎年1回以上学術集会を開催するものと する。


第八章 会計及び会費

第21条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。
第22条 本会の経費は会員の会費及び補助金その他をもってこれに充てる。
第23条 本会の会費は理事会で別に定める。

参考

改訂 昭和52年3月20日
改訂 昭和60年3月16日
改訂 昭和61年9月14日
改訂 平成28年9月10日
改訂 平成30年 9月 1日